ロゴ

回春:ジャンルの店舗一覧【メンズエステ商会】

登録店舗数:131店舗|総口コミ数:401件 

メンズエステ商会は全国のメンズエステ店を掲載!口コミなどもありますので、お店探しの際にきっと役に立ちます。
都道府県別にアクセスランキングを設置しており、みんなが注目している人気のお店が一目でわかります。

めぐり愛
目黒の周辺を中心にセラピストを派遣する、大人のための派遣型の回春エステです。ストレスが多く日々の生活に疲れ切ってしまった男性のために、恋人のような癒しのひと時を提供する店舗です。青春時代に戻ったかのように、最高の射精を味わうことができます。一期一会の出会いを大切にし、女性の優しいぬくもりを感じること…
2018.10.09 [目黒]
ドキドキふわり娘
ゆるく、ふんわりとした雰囲気が特徴的なのが「ドキドキふわり娘」です。在籍している女の子それぞれに、特徴を示すキーワードが表示されているので、自分の好みの女の子を探しやすいのがポイント。美人セラピストとイチャイチャと混浴をしてから、全身を密着させての気持ち良いマッサージの後、愛くるしい癒しの雰囲気で、…
2018.10.09 [目黒]
メンテジュニア
回春マッサージのプロフェッショナルたちが集うのが「メンテジュニア」。ムスコをメンテナンスするという意味合いが込められたこちらの店舗は、男性器をしっかりと元気にさせてくれて、充実した性生活を送れる優良店舗です。簡単なカウンセリングを行ってから、しっかりとムスコをメンテナンスしてくれるので、充実した性生…
2018.10.09 [目黒]
俺の麗嬢
最高のマッサージとおもてなしをしてくれるのが「俺の麗嬢」です。強気なネーミングの店舗ですが、それにふさわしいといえるほど美人セラピストたちが勢揃いしており、良好なサービスかつ、極上の回春を味わうことができます。街で見かけたら思わず振り返ってしまうような麗しい女性が、オールヌードでたっぷりと尽くしてく…
2018.10.09 [目黒]
めちゃいちゃ
いちゃいちゃしながら楽しくセラピストと触れ合えるのが嬉しいところ。もっと気持ちよくなれたらいいのになんて後悔をしたりするような機会はありません。料金も懐に優しく、レンタルルームの利用で大きく金額が割り引かれます。短い時間でパッと癒しを手に入れることのできるクイックコースも見所で、回春の初心者の方にも…
2018.10.09 [目黒]
ヒーローズ
本物の回春エステを追求することをモットーに、スタッフ一同でこだわりと情熱を持っている店舗です。ストレスがたまりがちなビジネスマンたちを癒やすべく、高い水準の女性たちが、男性ひとりひとりに向き合い、丹念に奉仕します。アロマによる癒しとマッサージによる癒し、この2つをガッチリと組み合わせる、優良店舗です…
2018.09.14 [五反田]
アロマグランデ
アロマオイルを使用したマッサージをメインとしている高級アロマエステです。この上ない心地よさを提供することを追求し続ける、厳選された一流のセラピストたちが在籍しています。最高級のオイルと精油を使用した心地よいマッサージで、心地よい空間を演出します。おもてなしの心を持った女性たちのきめ細やかな癒しで身体…
2018.09.14 [渋谷]
癒しの悦び
セラピストの癒しのサービスがふんだんに行われ、あっという間に果ててしまいそうな、回春サロンです。オイルマッサージから始まり、丹念な手つきで身体を癒してから、疲れをきっちりと取り除きます。とにかく何もせずに癒やされたいという貴方におすすめです。優れた技術を持った女性たちが、身体も心も天に登るような気持…
2018.09.14 [笹塚]
ビンビンクリニック
身体を癒すだけでなく、快感を味わうことのできるお店、それがビンビンクリニックです。「究極の癒し、快感がそこにある」との言葉通り、ハイクラスなサービスと、ルックスのピカイチな女性が在籍しています。回春店を探していても自分の納得するようなお店に出会えない人も多いでしょう。そんな時は、当店を利用して心行く…
2018.09.14 [新宿]
イマジン東京
イマジン東京は、五反田発の回春アロマエステです。プレイ内容は密着マッサージから回春マッサージまで満足な内容です。五反田駅周辺のホテル、ラブホテルだと出張料金が無料です。業界でも知る人ぞ知る老舗店舗ですので、サービスのクオリティーは非常に高く定評があります。
2018.08.28 [五反田]

回春とは?その言葉の意味


『回春』という言葉を日常生活で聞く事はほとんどないといってしまって良いでしょう。言葉の響きだけを聞くと『買春(かいしゅん)』のように聞こえてしまいますが、広く考えると風俗的なワードというような共通点はあっても、言葉としては文字を間違えたり悪い表現を隠語するというようなかたちでは一切ありません。そもそも、言葉としては別物なのです。では『回春』とはどのよう意味なのかというと、ウィキペディアなどで調べると“衰えた精力を取り戻すこと”という意味合いがあるものなのです。現在の日本では性的な意味合いが強く、広く一般的には風俗用語として定着しています。しかし、元々は16世紀後半に中国で生まれた言葉であり、医学書内で使われた健全な言葉です。この医学書は「万病回春」というもので、漢方の医学書としては歴史的にも非常に有名です。約1000の処方が書かれてている総合的な医学書であり、内容も分かりやすく日本でも江戸時代にはベストセラーとなった本です。現在の漢方薬にも、この本が由来のものが多数存在しています。日本に渡ってきたのは1653年頃といわれているので、世に現れてからは350年以上も経っているのです。現在『回春』という言葉が持ち合わせている意味とは別に、どういった意味が込められているかも文章になっています。日本語で簡単に表してみると『草木の新緑とともに春が訪れるように、おおよその疾患・大病重病はたちどころに好転する』といった感じになります。こういった内容を元に総合医学の流れで性機能改善・回復といった掘り下げがあったのか、性的な意味合いの強い言葉として『回春』が使われ始めたと考えられます。性風俗的には、男性機能回復の為に鼠蹊部/陰部付近に刺激を与えるといったマッサージ行為がすぐに思いつきます。しかし、医療行為的なものとしては世の中にはこれに順ずる言葉や行為は基本的には存在せず、あくまでも性風俗業のサービスの中で結果的に機能改善に役立つであろうというものであっただけです。これが後に、性風俗店(メンズエステ・マッサージ)で『回春』という言葉として、ぼんやりと意味を持たせて謳われ始めたものが元祖と考えられます。後に“回春エステ”や“回春マッサージ”といった表現をされることになりますが、基本的には分別できるものではなく、単に鼠蹊部/陰部付近に性的刺激を与えるサービスというだけです。逆に現代では『回春』という言葉を使ってしまうだけで、性的なサービスの意味合いが連想/助長されてしまう為、もれなく性風俗行為となってしまうかもしれません。しかし、性風俗行為として判断され規制の対象となるものは「異性」に限定した行為になるので、医療行為として同性医師が回春行為を行った場合には、性風俗関連特殊営業の対象にはならないと予想されます。しかし、現代ではクリニック等の施設があったとしても、カウンセリングや処方箋書類の作成などが主な業務だと考えられる為、そもそも『回春』行為が行われる場は医療現場にはほぼ存在しないものでしょう。広く一般的に医療等の機会に使われる言葉であったならば、知名度も高いものがあったかもしれません。性風俗以外のものでは精力増強剤などで『回春剤』として呼ばれているものもあります。若返りや蘇えりといった意味が込められているかもしれません。